ヨーグルトで健康生活!活用術まとめ.com

ヨーグルトをお料理に。乳酸菌は死んでしまっても腸に良い働きをします。

私は、健康オタクと友達に言われるほど、健康にはすごく気を使っています!
健康サプリを試したり、健康食品を毎日摂取したりと…
話題になるものは全て試してみたい!と思ってしまいます。
いま、私が実践しているのが葉酸 サプリヨーグルトを毎日摂取する!おいうことです。

 

今日はそのヨーグルトについて、少しお話しさせて頂きます。
乳酸菌が腸に良いということは誰もが知ることです。乳酸菌を手っ取り早く摂取する方法はヨーグルトを食べることです。でも、ヨーグルトを食べるとおなかの調子が悪くなることがあり、会社などに行かなければならない平日は、怖くて食べられないという方もいるのではないでしょうか。健康は日々の努力によるところが大きいです。量はとれなくても、お料理にヨーグルトを用いることで、乳酸菌の摂取を心がけましょう。
ヨーグルト1
どのようなお料理にヨーグルトを利用できるかといえば、パンケーキやクッキーなどのお菓子作りに使うことができるのはもちろんのこと、お肉やお魚料理にも使うことができます。インターネット上に様々なレシピが出ていますので、お好みにあわせご参考になられたらと思います。個人的には、特にお肉料理がおすすめで、ヨーグルトに漬け込んだだけで、安いお肉が柔らかくジューシーになるような気がします。

 

ちなみに、お料理にヨーグルトを使ったら、ヨーグルトが加熱され、乳酸菌が死んでしまうのではと思われることでしょう。その通りです。乳酸菌は熱に弱く、死んでしまいます。でも、乳酸菌は死んでも、腸内の悪玉菌を体外に排出することを助けてくれるのだそうです。自分のためだけでなく、家族のためにも、少しでも健康に良いことをと思い、工夫をすること、とても素敵なことだと思います。

予想外の効果もあるんですヨーグルト

ヨーグルトが切れているとちょっとだけあせります。というのもヨーグルトは今や我が家の夜に欠かせないものになってます。普段ヨーグルトを食べるというとお通じのためや、なんとなく胃の薬の代わりなんて人もいると思うんですが私の場合はその用途ではなく、完全に虫歯予防のためです。

 

ご存知の方もおられると思いますが、口の中のミュータンス菌ならびに胃ガンの原因とも言われているピロリ菌を除菌することもできる乳酸菌が見つかっているんです。そもそも虫歯の原因菌もピロリ菌も自然に感染しているそうで、完全に防ぐということは不可能なことのようです。それをなんと抑えることができるヨーグルトがあります。

 

まずはタブレットでその乳酸菌を食べます。そしてその後に市販されている無糖のヨーグルトで入念に歯にすり込みます。気持ち悪くなければすすがずにそのまま食べてもいいんです。どうしても気になるようでいたら少しすすぐくらいで終わり。効果の方は翌日朝起きたときにすぐ実感できると思います。

 

まず口の中のネバネバとした感じと口臭の違いに驚くと思います。朝のすっきり習慣をすぐに感じると思います。それ以外にも逆流性食道炎などにも効果があるという記事もよんだことがありますし、様々な体の疾患にもひょっとすると効果があるのかもしれません。 毎日寝る前のヨーグルト歯磨き皆さんもお試しあれ。
ヨーグルト2